3.オリジナル商品企画

 

BPオリジナルコースでは、九星氣学のビジネスパッケージである「認定こよみすと養成コース」」をモデルに、独自の商品を企画しパッケージ化する方法を学んでいただくことができます。弊社で長年にわたり様々なビジネスの経験と実績を積んできたなかで、下記のように分類をしています。

企画する商品については、柔軟に納得のできる商品化をサポートしています。複数の占いができる場合などは、基本方針として一つの占いでビジネスモデルを完成し、その後自由にメニューを増やす方法をおすすめしています。

 

クライアント様の中には、商品はすでに完成しておりシステムのみを必要とされている方もいれば、占いの資格を取得したばかりでこれから企画を始める方もいらっしゃるなど必要なサポートはおりとりおひとり異なります。

 

個別コンサルでお打ち合わせ後、講座や動画講座のご案内やご提案をしますので、段階を確認しながら進行をしていきます

 商品企画と商品化の流れ

 

1)商品の方向性と提供方法を決める

 

本ページをご参照の上、個別コンサルで打ち合わをお願いします。

 

 

2)コンセプトを決める

 

 

・ライバル分析を行う 

 ターゲット・ベネフィット・手段・権威性

 

 

・商品企画をまとめる

 コンセプトシートの完成

 

 

3)提供物の整備を行う

 

・システム納品

 

 

4)フロント・ミドル・エンドの各段階の商品企画を行う

BPオリジナルコースでは、フロントサービスの構築をモデルに商品企画の方法をマスターしていただきます。その後は価格や内容を適宜変更し、自由に上位商品を作れるようにサポートをいたします。

 商品の方向性と提供方法

 

📦  物品販売(対面・オンライン)📦

 

 

占い関連商品を「物品」として販売する方法です。パワーストーンやカードが人気の取扱商品です。鑑定書の販売も、形あるものを届けるという点で物品販売のノウハウが必要になります。商品仕入れの知識を必要とし、ネットショップシステムや物流システムが必要になります。対面販売の場合は陳列やラッピング、レジの整備などが必要です。

 

(メリット)

 

・物品という形あるものを販売するので信頼を得やすい。

・形あるものを届けるので価値を感じてもらいやすい。

・形あるものを届けるので返金などのクレームが起こりにくい。

・仕入れのための資金調達で信頼を得やすい。

・物品を届ければ良いので納品に時間がかからない。

 

(注意点)

 

・仕入れのための取引先開拓と仕入れ資金が必要

・保管場所が必要

・箱や緩衝材などが必要

・売れない時の在庫負担が生じる可能性がある。

・期限や商品の痛みなど、在庫管理が必要

 

 

 

🗒  相談業務(対面・オンライン)🗒 

 

鑑定やセッション、カウンセリングなどを商品として販売する方法です。話を聞き、適した解決方法を占いのノウハウに基づきご提案します。カルテや鑑定書を作成する場合は「物販」の性質も併せ持つスタイルになります。高度な対人コミュニケーションのスキルを必要とし、基本的に一対一のサービス提供になります。グループセッションなど同時に複数に対してサービス提供する場合は教育・研修業の性質を併せ持つことになります。オンラインの場合にはズームなどのシステムが必要になり、対面の場合には独立したスペースの確保や環境設定が必要です。

 

 

(メリット)

 

・人柄などを通じ顧客との信頼関係を築きやすい。

・専門知識を活かすことができる。

・資金や設備仕入れなどの仕入れの負担が不要。 

・金額設定を自由に行える。

・顧客のニーズに合わせて個別化をしやすい。

 

(注意点)

 

・顧客との信頼構築や接客のノウハウが必要。

・高度な専門知識や資格を必要とする。

・サービス提供の実績を証明しにくい。

・高額商品の場合満足度を高めるノウハウが必要。

・個別化のため業務範囲が不明瞭になりやすい。

 

 

 

🏫  教育・研修業(対面・オンライン)🏫 

 

講座やセミナーなど、教えることを商品化して販売する方法です。目的に合わせてノウハウを構築し教材作成を行います。一度に複数の顧客へのサービス提供が可能になるので、売上獲得が行いやすいというメリットがあります。わかりやすく教え、人を楽しませるスキルが必要です。占いの場合は、エンターテイメント性も求められます。オンラインの場合はズームなどのシステムが必要になり、対面の場合には独立したスペースの確保や環境設定が必要です。近年ではデーターや動画の提供で自動化が加速している分野です。

 

 

(メリット)

 

・一度に複数へのサービス提供が可能。

・指導者として尊重されやすい。

・学習範囲を明確にできる。

・人柄などを通じ顧客との信頼関係を築きやすい。

・専門知識を活かすことができる。

・資金や設備仕入れなどの仕入れの負担が不要。 

・金額設定を自由に行える。

 

 

(注意点)

 

・顧客ニーズに合わせた個別化に限界がある。

・教材開発のノウハウが必要。

・顧客との信頼構築のノウハウが必要。

・高度な専門知識や資格を必要とする。

・サービス提供の実績を証明しにくい。

・高額商品の場合満足度を高めるノウハウが必要。

 

 

 

 

基本的なビジネスが確立された後、インストラクター制度や会員ビジネスなど、コンテンツホルダーとしてサービス提供者を育成するノウハウについても実績を持っています。(進捗状況によってはご契約期間内に実現できないこともあります。ノウハウ自体はご説明できますのでご相談ください。)

 動画講座一覧

Original Business Package